読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりなき旅のように生きたい

好きなコト、好きなモノを、好きなだけ。

車で行く北海道一周の旅 2015夏【28日目】八戸~仙台

どうも、こんにちは。

ぱんきちです。

 

旅も残すところあと2日となりました。

そんな28日目の工程は、八戸~仙台まで約310kmです。

八戸をちょっと観光して、東北自動車道で一気に仙台へ。

高速ではなく下道で行こうと思っていましたが、時間的なところを考えて断念しました。

今コレを書きながら思いましたが、タイトルがおかしいですね。

もはや北海道一周の旅じゃない。。。でも仕方ないのでここまで行きます!

「八戸の新鮮」が大集結!安くて美味い八食センター

f:id:pannkichi:20151130162940j:plain

ホテルをチェックアウトして、まずは「八食センター」に来てみました。八戸駅から15分程、八戸中央卸売市場の正面にある、いわゆる場外市場のようなところです。広い建物内に、海鮮、青果、乾物、お菓子、お酒、飲食店が立ち並んでおり、八戸の「美味しい」を一度で楽しめる夢のような場所です。

f:id:pannkichi:20151130162942j:plain

 店内は観光客や地元の方で朝から賑わっています。各店舗は基本対面販売で、市場ならではの活気にあふれています。

f:id:pannkichi:20151130162944j:plain

新鮮な海の幸が所狭しと並んでいます。こういった観光客がくるところですと、大抵は観光地価格になっていることが多いですが、八食センターはなかなか安いと思います。

f:id:pannkichi:20151130162941j:plain

折角なので、八戸の海の幸を戴きました。

生のマグロと大ぶりの牡蠣です。どちらも200~300円くらいだったと思います。買うときのシステムは、北海道釧路にある和商市場の勝手丼に似ていて、200円~500円程度の少量のお刺身を選んで買うという感じ。色々なお刺身や食材を少しずつ食べられるのは嬉しいですよね。もちろん、ご飯も売っています。この時は、朝ごはんを食べてきたので、具材だけにしました。

味はというと、美味いに決まってます。

マグロはねっとりと味わい深く、牡蠣はさっぱりとした甘みがとっても美味しかったです。厚岸の牡蠣もいいですが、こちらもなかなかです。

f:id:pannkichi:20151130162943j:plain

続いてはこちら、八戸名物「せんべい汁」です。

初めて食べましたが、このせんべい汁というやつはものすごく美味いですね。なんとも言えないせんべいの食感はたまりません。うどんともお餅とも違う、ヤワヤワとしながらもしっかりコシがあって、汁がしみていて。。。あ~うんまい。

とっても気に入ったので、鍋用のせんべいを買って帰っちゃいました。

芝生と蒼い太平洋の美コントラスト!種差海岸

 

f:id:pannkichi:20151130162945j:plain

八食センターから約18km、時間にして30分程のところにある「種差海岸」に来てみました。この種差海岸は、三陸復興国立公園内にある、蕪島(かぶしま)から南へ12km続く海岸線です。ゴツゴツした岩場と白い砂浜、緑の芝生のコントラストが美しく、日本の名勝地にも認定されています。

f:id:pannkichi:20151130162946j:plain

道路を挟んだところにインフォメーションセンターがあり、車はそこに停めるのが普通らしいのですが、この日は非常に混雑していました。なので、近くにあったアイスクリーム店「イルカの店」に停めさせて頂き散策しました。松林と芝生の絨毯、太平洋の蒼と波の白が見事です。インフォメーションセンターも、種差海岸の歴史や動植物についでなどが学べて見応えありました。帰りに、車を停めさせて頂いた「イルカの店」で予想以上に美味しいソフトクリームを頂いて、仙台方面へ。下道を予定していましたが、夜になってしまうと思ったので、高速を使うことにしました。

一応食べなきゃね!盛岡のご当地麺・じゃじゃ麺

f:id:pannkichi:20151130162948j:plain

八戸ICから高速にのり、岩手山SA、築波SAで小休憩をして、前沢SAでちょと遅めの昼ごはんとしました。岩手県なので、ここはコレでしょ~ということで「じゃじゃ麺」に決定!初じゃじゃ麺です。

ん~~~めちゃくちゃ美味い!甘辛な味噌とお肉、シャキシャキのきゅうりがベストバランス!いいアクセントになってる生姜がいい仕事しています!それから、なんといっても麺がいいですね。冷たいと思ってたら、暖かくてとってもモチモチ。途中で飽きるかなと思いましたが、意外にもさっぱりしていたので、ペロリと食べられました!

 

やっと到着!カムバック杜の都・仙台

f:id:pannkichi:20151130162949j:plain

八戸を出て、約5時間。旅の初日にも来た仙台に戻って参りました。

今宵の宿は、「R&Bホテル」です。

とっても綺麗でカジュアルなビジネスホテルです。チェックインも機械式で最先端。部屋はタバコ臭が気になりましたが、清潔でいい感じ。料金は、軽朝食付きで3600円。とってもコスパに優れたホテルです。車は、近隣にある提携駐車場への案内になり、宿泊者なら一日無料です。ただ、機械式なので出し入れが自由じゃないのが難点ですが。。

何度食べても美味い!仙台の牛タン

さて、部屋少し休んでから夕飯がてら夜の仙台を散策です。

仙台は美味しいものが沢山あります。色々悩んだ結果、口が「牛タン」になっていたので、口の気持ちに正直にすることに。

ということで、「炭焼牛たん東山」というお店に決定。

f:id:pannkichi:20151130162950j:plain

こじんまりとした古民家風のお店でとっても雰囲気がいいです。注文したのは、「牛タン三昧定食(1,480円)」です。  牛たん焼、味噌たん焼、生姜煮などがついていて、牛タンを色々楽しめる内容です。ここのお店はタン元をつかっているそうなので、とっても柔らかで美味しいです。とろろやテールスープも絶品です!ここのお店は、定食以外にも、牛タン料理が多彩にあるので、それをつまみに飲むのも良かったな~。

 

ホテルで貰った「一杯無料券」を使って二軒目!

f:id:pannkichi:20151130162951j:plain

ホテルで一杯無料を貰ったので、「たら福」というお店に行ってみました。とっても活気があって、店員さんも感じが良いお店です。入ってすぐ、オープンキッチンカウンターがあって、ひとり飲みにも入りやすいお店です。メニューはどれも美味しそうでしかも安い!仙台発祥のいろり焼がメインのお店のようです。色々食べたかったのですが、お腹が一杯だったので、だし豆腐とイカ焼きを頼んでちびちび。

そんな仙台の夜、そして、この旅最後の夜でした。

 

年末は仙台へ!絶対に見るべきイルミネーション「光のページェント」

旅の話からはちょっと話がそれますが、仙台つながりということでちょっとご紹介。

仙台では、12月になると「光のページェント」という仙台の風物詩とも言えるイルミネーションが始まります。美しいケヤキの並木道で有名な定禅寺通が約60万級の光で飾られます。その景色はまさに圧巻です。

f:id:pannkichi:20151208130142j:plain

上の写真は2年程前のものなので、若干変わっているかもしれませんが、「すげ~~~っ!」と興奮間違いなしの綺麗さです。

f:id:pannkichi:20151208131110j:plain

f:id:pannkichi:20151208131123j:plain

しかも今年は、この光のページェント30周年なので、より凄そうですね。実施期間や時間などは以下のような感じです。

 【イベント概要】

  • テーマ:未来へつなげる愛の光!
  • 期 間:2015年12月6日~31日
  • 時 間:17:30~23:00(31日のみ~24:00)
  • 場 所:定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)
  • 電球数:60万球

www.sendaihikape.jp

 

以上で、28日目は終わりです!

 

翌日29日目は、いよいよ旅の最終日です!

ですが。。。。ほぼお土産買って運転のみなのでネタがわずかです。

 

ではではまた次回!