読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりなき旅のように生きたい

好きなコト、好きなモノを、好きなだけ。

車で行く北海道一周の旅 2015夏【26日目~後編~】大沼公園~函館

どうも、こんにちは。

ぱんきちです。

 

26日目の前編では、函館の朝市やベイエリア、元町の途中までをご紹介しましたので、

後編はその続きからです!

前編はこちらです↓

 

owarinakitabi.hatenablog.com

 映画やCMでも登場する有名坂!八幡坂

f:id:pannkichi:20151130162915j:plain

石畳と並木、函館湾の組み合わせがとっても綺麗な坂です。その美しさからか、数々の映画やCMのロケ地として使われています。まさに函館を代表する景色のひとつです。ちなみにこの八幡坂という名前は、かつて函館八幡宮があったことに由来するそうです。きっと当時の人たちも八幡宮から同じ景色を眺めていたんでしょうね~。

 

豪華絢爛なハイカラ洋館!旧函館区公会堂

八幡坂を通りすぎ、右手に旧相馬邸(豪商・相馬哲平が建てたお屋敷で、函館最古の住宅)を右手に見てさらに進むと、淡いブルーと金の装飾が綺羅びやかな「旧函館区公会堂」に到着します。

f:id:pannkichi:20151201113759j:plain

前記した豪商相馬哲平の莫大な寄付によって明治43年に建てられた洋館です。大人300円で内覧できます。館内は、当時の華やかさを垣間見えるゴージャスな造りです。大理石の暖炉やシャンデリア、調度品の家具などが豪華さを演出しています。こちらの洋館は、大正天皇は皇太子の時に宿舎として利用され、昭和天皇も休憩なさったとのこと。まぁ、それだけ格式高い洋館ということですね。

f:id:pannkichi:20151130162916j:plain

建物2階は舞踏会やパーティーなどのためのお広間となっていました。写真ではわかり温いかもしませんが相当広いです。

この大広間でクラシックなドレスを着て写真を撮っている女性陣がいました。後でわかりましたが、こちらの洋館では「ハイカラ衣装館」というサービスがあり、当時の貴婦人達が来ていたクラシカルなドレスをレンタルして記念撮影ができるようです。お値段は20分で1000円です。意外とお手頃なので、これは函館旅行の良い思い出になるんではないでしょうか。

幕末最後の舞台!函館・五稜郭

元町散策の後は、ベイエリア、函館駅前を通りすぎて「五稜郭」に行きました。函館駅あたりから車で大体15分くらいだったと思います。

f:id:pannkichi:20151130162918j:plain

五稜郭は、江戸時代末期に北方防備の目的で、日本で初めて建てられたフランス様式の星型要塞です。大政奉還後に起きた新政府軍と旧幕府軍最後の戦い「箱館戦争」の舞台としても有名です。

f:id:pannkichi:20151130162919j:plain

現在は、五稜郭公園となっており、石垣やお堀といった要塞機能を見ることができます。また、桜が沢山植樹されているので、春はとっても綺麗そうです。園内中央には再築された箱館奉行所が建っています。

ただ、五稜郭=星形をイメージしているので、園内を歩いているだけでは正直よくわりません。。

 

なので、五稜郭タワーの望台に行ってみました。

ちなみに料金は840円です。

f:id:pannkichi:20151130162921j:plain

お~~~これこれ!これぞ五稜郭。これを見たかったんです。

見事な星型ですね~。

もこもこ茂っている木は恐らく桜なので、春はすばらしい景色なんでしょうね。

この展望台からは五稜郭だけでなく、函館山や津軽海峡を望むことができますので、箱館観光には外せないスポットです。また、1階は広いお土産さんで、五稜郭限定のお土産もありますので要チェックです。

 

ギリギリセーフ!見るだけ見たトラピスチヌ修道院

この日の宿泊地・湯の川温泉方面にあるトラピスチヌ修道院に行ってみました。

あのお土産のトラピスチヌクッキーで有名な修道院です。

ただ、営業時間は17時まで。着いた時刻16:55分。

「外から見るだけならまだ見れるよ!」と駐車場のおじさん。

 

ならばと思って、閉門ギリギリで入って建物だけ見てきました。

f:id:pannkichi:20151130162923j:plain

こちらトラピスチヌ修道院(舌が絡まりそう。。。)は、明治31年にフランス修道女8人よって設立された日本初の女子修道院です。園内にはジャンヌ・ダルクやミカエルの蔵、ローズガーデンがあります。

f:id:pannkichi:20151130162924j:plain

そして、これがその修道院です。とっても厳か。歴史を感じる美しい建物です。

たった5分でも意外と見れました。駐車場のおじさん、ナイスです。

 

道内最後だからちょっと豪華に!湯の川温泉・湯元啄木亭

f:id:pannkichi:20151130162925j:plain

この日のお宿「湯元啄木亭」さんに到着しました。

とっても大きく立派な温泉ホテルです。

f:id:pannkichi:20151130162926j:plain

お部屋はこんな感じ。誰が見ても思うとおり、ひとり旅には広すぎます。

 

さて、夕食の前に温泉です。前評判通り温泉は素晴らしかったです。

内湯は全面ガラス張りです。11階にあるため見事な函館の夜景を一望できます。ただ、正面遠くに見える建物から見えてんじゃないか?って感じですけど、まぁ大丈夫でしょう!また、函館空港も見えるため、離発着する飛行機も見ることができるのがポイントです。

f:id:pannkichi:20151130162927j:plain

さて、夕食です。

大好きなバイキング!好きなものを好きなだけ食べられるこのシステム、好きです。

しかも、北海道の場合は道産の食材や料理が並ぶので見ていて楽しいですし、バイキングのレベルも高いんです。お腹いっぱい、たっぷり戴きました。

f:id:pannkichi:20151130162928j:plain

夕食後は、もう一回温泉を満喫し、売店で買った大沼ビールIPAを飲みながら、ひとりにしては広すぎる部屋でまったり。道内最後の夜を噛み締めました。

 

ということで、26日目はこれでおわり!

 

翌日はいよいよ北海道最終日です。

函館から青森・大間に渡ります!

 

ではでは、また次回!